突撃隊のブログ

ネット日記書きの徒然。

ヨブ記考察、あるいは分散微小化された神について

 さて、12/24日、クリスマス・イブですね。今コレを書いている僕は非常に酔っています。ウイスキー200ml空けてこれなので困ります。どのくらい酔っているかと言うとフラフラになって千香に行って上ロースカツ定食を食べて帰ってきたくらいです。酔いに任せてじゃなければこんなこと書けないですよ。

さて今回はクリスマスということでヨブ記を読んでみました。その感想をカキカキしたいと思っています。誤字脱字あったらすまんね。

 

ヨブ記については詳しいことは知らんのですが、なんでも聖書の中でも異端の章らしいです。今回初めて読んだのですが、なかなか心打たれる言葉が散見されたので考察してみたいと思います。

 

ヨブ記は主人公ヨブが幸せに暮らしているところから始まります。なんでも十人の子供を持ち、11000匹の家畜を持ち、東の国の一番の富豪であったそうな。羨ましい限りですね。

ある日サタンが神の元へと来て、ヨブについて質問します。「利益ないのに神を信仰なぞしない」と。神は買い言葉に売り言葉、「それでは彼のものに手出ししてみよ」と。全くはた迷惑な話だ。そうしてヨブはいっさいの財産と家族を奪われます。でもくじけないヨブ。偉いよあんたは。神への信仰を誓います。

でも神は突き放します。サタンに向かって「ヨブの命以外なら何でも奪っていい」って言うんだもん。悪魔だよねぇ。

そうしてヨブは皮膚病になり、みんなから疎まれるようになります。さっき噛んだ薬が苦いな。あ、関係なかったですね。

そうしてから三人の慈悲深い奴らがはるばる遠くからヨブを励ますためにやってきます。そうして励ましの言葉をかけるのですが、ヨブはすっかり鬱になっているのでこの世の恨みつらみを神への恨み言とともに吐き出します。それを聞いていた三人の慈悲深い奴らはだんだん腹が立ってきて、ヨブが悪いんじゃないかと攻め立てます。ヨブも負けじと論戦します。そんなこんなで論戦していると神が現れます。今更かよ。さっさと救えこのクズが。信仰が足らんだのなんだの言ってヨブは改心し、自分が悪かったと懺悔し、神は赦してヨブは幸せに過ごしましたとさ。はーあほらし。

 

こんなのは昔だから通用したんだ、今の世の中じゃ間違いなく通用しないね。第一今は、現代は絶対神なんか信じている輩なんかいないんだ。じゃあ代わりに何がいるんだって?うん、たしかにそれは気になる。何かって言うとそれは分散し、微小化しちゃったと思うんだよ。つまり神は不完全な多になって、どこに神がいるのか不明確になっちゃったんだ。

その微小な神がどこにいるかっていうと、それはみんなの友達とか、恋人とか、はたまた大好きなものだったり、概念だったり、それらに集合せずに離散して偏在しているんだ。

ヨブ記を読んでみてしっくり来た言葉がいくつかある。

1つ目は「この地上に生きる人間は兵役にあるようなもの、傭兵のように日々を送らなければならない」(7.1)

どこが兵役なのだろう?それは2つ目に書いてある。

「塵からは災いは出てこない。土からは苦しみは生じない。」(5.6)

「それなのに、人間は生まれれば必ず苦しむ。火花が必ず上に向かって飛ぶように。」(5.6)

つまり生きる上では必ず苦しみがあるのだ。どんな苦しみがあるのだろう?3つ目に書いてある。

「神は髪の毛一筋ほどのことでわたしを傷つけ、理由もなくわたしに傷を加えられる」(9.17)

つまりどんな些細なことでも災難が降りかかる原因となり、そこに理由などないのです。苦しみに理由なぞないのですよ奥さん。いやもちろん理由はあるのかもしれないのだけれど、それは僕らが知るところではないものなのです。

 

先程神は分散微小化してると言いました。それについて述べたいと思います。

かのニーチェが言ったように、現代において神は死にました。絶対神などは存在しないし、かといって多神教が栄えたかと言うとそうでもなく、ひたすら人間は神のいない空間に放り出されたのです。信じるもののいない不毛の荒野に。ですが神が死んだのはここ200年くらいですし、そう簡単に人間が神を捨てられるわけがありません。というか信じるもの、ですね。私が思うに、人は神への信仰心を、他者への無条件な信頼へと置き換えたのではないかと思います。ただ、人間は神に比べればとてつもなく頼りない存在です。ですので頼りにする存在を増やしました。そうして人々は神への信仰心という強大なものを、他者への信頼という弱いものをたくさん積み重ねることによって代替して来たように感じるのです。

 

一つを強く信じるというモノリシックなものより分散させたほうが耐衝撃性は強いです、もちろん。(だから精神病においてヒステリーや劇場的な自殺が減ったのかな?)でも代わりに一つ一つが脆弱になりました。なんせ神という絶対なものから、人間という相対存在に信仰の対象が変わり、そして人間は変化する生き物ですから、信仰対象がコロコロ変化するわけです。これでは信仰が安定しません。だから人はたくさんの人間に信仰を分散させ、リスクヘッジするわけです。

 

しかし、信仰を分散させられない人は大変です。神から人間へと弱い存在へと信仰をシフトしたのに、信仰のリスクヘッジができないものだから、一つが揺らいだらそれはもう自身の存在の危機なわけです。

信仰を分散させすぎた人も大変です。一つ一つの意味合いが薄いので、なんで信仰していたのか忘れがちです。ひとつに依存しないのはいいですが、信仰が空虚なものとなりがちです。

 

信仰の分散化が進んだことにより、苦しみの理由を突き止めることがますます難しくなりました。もともと理由なんてない苦しみが、原因の可能性が増えたおかげでますます疑心暗鬼になり、憎しみ合うようになります。でもそれと同時に他者は信仰の対象でもあるので、憎しみつつ信仰するというなんとも歪んだ関係へと変貌するのです。不健全ですね。

 

しかし私達は凡人なので、その信仰に乗っかる以外に道はないのです。誰か新たな信仰の形を見つけてください。

げっぷがうまくできない

どうも突撃隊です。

これを書きはじめたのは12月23日23時40分なのですが、今日は一日中寝て過ごしました。明日も多分一日中寝て過ごすんだと思います。最近睡眠が取れていなかったので丁度いいのかなぁ。

さて本日はげっぷの話をしたいと思います。

小さい頃はげっぷは苦もなく出せていたのですが、高校生の頃からそれがどうもうまくいかなくなっておりまして、それが困っているのです。炭酸飲料などを飲んだときなどは大変で、胃のあたりが苦しいのでげっぷを出そうとするのですがうまくいかず、げっぷが出ないもんだから胸が次第に苦しくなってきて、しまいには吐き気が出てくるのです。吐き気が出て何回かえずいたあと、ようやくげっぷが出るといった感じです。

げっぷは胃の中に溜まったガスを抜くために起こる生理現象ですが、このげっぷの上手い下手は、精神にも当てはまると思うのです。つまり、心になにか不要なもの、良くないものが溜まったときに、排出すること、つまり心のげっぷがうまくできない人もいると思うのです。そう考えてみると、僕はげっぷが下手になったあたりから、心のげっぷも下手くそになっているのでは?と思っているのです。

中学生までの頃はよく泣いていて、それがいいガス抜きだったのかなあなんて思うのですが、高校生の頃から素直に泣くことができなくなりました。感情が高ぶると一歩引くくせができて、それは状況を冷静に見たりとか、客観的に見るとか、そういう高尚なものではなく、なんだかそんなことがバカバカしく見えてきて、全てにやる気を失ってしまうとか、そういうたぐいのものなのです。きっとこれは中学の生徒会活動が原因で、生徒会なので風紀活動で他の生徒にいろいろ言ったりするのですが、何も僕のことを聞いてくれなくて、それだけならいいのですが、僕を邪険にするもんですから、僕も少しは怒るのですが、もう何も聞いてくれないので、怒ったって無駄だという無力感が生まれたのでしょう。

あとは他人に物が言えなくなったのも原因の一つでしょう。特に不満や指摘といったたぐいのものができない、いやできるのですがかなりマイルドに包んで包んでしか言えないのです。僕は他人からの評価に左右される実に軸のないなんとも情けない人間ですので、他人に嫌われるかもしれないと思うと動けないのです。この傾向ができてきたのも高校の頃からで、なぜかと思って心当たりを探してみると、きっと中学まであまり人間関係でいい思いをしてこなかったので、高校こそはと思ってできるだけ人に好かれようとしたのが原因なのかなあと思ったりもするのです。この頃の僕は、人に好かれる人イコール優しい人という認識で、さらに優しい人イコール他人を叱ったり怒ったりしない人というイメージだったので、他人の欠点を見つけてもなるべく言わないで付き合っていこうと高校生の僕は無意識にそう思ったのでした。もちろんそんな認識で人とコミュニケーションをとったらそれはもういろんなものが心に溜まっていくわけです。大きなものから小さなものまで。でも僕は優しい人になりたかったので言おうとはしませんでした。吐き出し口などありませんので溜まる一方です。そうして調子が悪くなると吐き気と一緒にやっとげっぷが出るのです。

こんな感じになっているのでそろそろ限界を感じています。でも僕はこの治し方を知りません。だれか教えてくれませんか?

部屋で1人で居ると。

どうもこんばんは、夜ですね。

最近ワークステーション買いました。動作音と室温の上昇がネックですがそれ以外は満足です。

 

今日は四限で授業が終わって、そこからずっと部屋にこもってました。ワークステーションをサーバーにしようと思い、色々いじってました。ふと時計を見るともう9時じゃ無いか!ということで一旦休憩しに外へ出て一服。マウンテンデューは美味しいですね。

 

さて部屋に戻ってベッドに腰掛けると問題発生ですよ奥さん、唐突に寂しさがバーっときて胸がこうキュッとなりましてね。いかんいかんとSNSに退避しました。でもあまりつぶやきすぎても「コイツうるさいなぁ」となるので、はてなの記事を書いて心を鎮めておる所存でございます。

こう、PCの動作音と自分の心臓の鼓動の音しか聞こえないとか、そういうのがだめなのかな?将来一人暮らしとかキツいと思います。ぜひシェアハウスしたい、気の合う人で。

 

孤独を愛せる人になれ、といつか読んだ本に書いてあったけど、僕には無理そうです…

やっぱり部屋いると心がしんどい。テレビが見れなくなったのもゲームができなくなったのもコレのせいだと思う。あ、でもゲームは最近買ったやつが面白くてけっこうやってます。

寂しくなる我が家

 昨日大学に帰った。久しぶりに戻ったシェアハウスは前回より少し綺麗になっていた。そして先輩がいなくなっていた。もう1人の先輩も留学に行ってしまう。残されたのは僕を入れて3人だ。春は5人だったのに減るもんだなあ。

 出て行ったA先輩(もちろん仮だ)は僕の最も尊敬する人の1人だ。一見厳しいように見えるけど面倒見がよく、責任感があって、みんなのツッコミ役のような人だ。考えていることはひたすら論理的で、自分を貫いている。一体どういう生き方をしてきたらああなるのだろう、と思うくらい深い人だ。僕がシェアハウスにいた時は夜通し議論を交わしたものだ(実際は先輩の論に感心して頷いて聞くのが主だったが)。

 そんな素晴らしい先輩がシェアハウスから出て行ってしまった。胸に穴が開くとまではいかないが、少し欠けたような、そんな気持ちがする。もちろん学校でも会えるのだけど、一緒に暮らすというのは非常に大きな体験だと思う。

 

 もう1人のB先輩も留学に行ってしまう。B先輩も非常に優しい先輩だ。コーチングの名人で、よくしてもらった。プレゼンの仕方も教えてもらった。感性で動くタイプで、いつも忙しそうにしていた。僕が夜遅くまで作業したり、話し込んでたりすると、RedBullを差し入れしてくれる、そんな先輩だった。先輩の留学は春から決まっていたことだが、それでもやっぱり寂しいものは寂しい。B先輩が留学に行くまで残すはあと数日である。それまでにたくさん話をしようと思う。

#学生LT に行きました

 前の記事

 

totsugekitai.hatenablog.com

 を書いて、connpassを覗いていると、なにやら面白そうなものが。

f:id:hrstmyk811m:20180811222614p:plain

まだLT枠残ってたし、ちょうど話すネタあるし、行くっきゃねえ!!!!と、何をとち狂ったか前日に申し込み。すぐにスライドを作り始めた。

当日(ていうか今日)会場に行ってみてビックリ。なんと会場は日本マイクロソフトの会議室だったのだ。32階の眺めの良いこと良いこと。さすがマイクロソフト

到着は10:20くらいだったかな、13時にスタートだったのでもくもく会という名のおしゃべりタイム、最初に固まって話していたグループに突撃していく。結構話ができた。ラズパイとモニタもってきた中学生もいたかな。いやあ面白い面白い。

周りの人とおしゃべりしているとあっという間に時間がきた、基調講演が終わりクソみたいな質問も投げ満足した。さていよいよ学生LTの時間。内容は人それぞれ多種多様で、一人はサービス作った、一人は時給をどう上げるか、一人はお絵かき楽しいなどなど。知らない単語もたくさん出てきて戸惑ったけどどのLTも非常に面白かった。途中喉が渇いてもタダで飲み物各種が飲める。さすがマイクロソフト

LTも終わり、懇親会が始まった。ピザ&寿司おいしいです(^q^)。僕はLTできるかも枠で申し込んだので、ここでLTをした。前の記事の技術的な説明は省いて、訓練結果と実験結果を主に見せた。皆さん食事中にもかかわらず結構聞いてくれてありがとうございました。

 

初めてのLTだったが皆さんを楽しませることができて(?)良かった。また参加したいと思ったイベントでした。

 

追記

スライドを公開しました。

www.slideshare.net

休学して暇なのでディープラーニングやってみた

トイプードルとからあげを分類するディープラーニングをやってみました。

コードは以下のとおりです。実装はKeras使ってます。コードは「PythonとKerasによるディープラーニング」をパク参考にしつつ書きました。TensorFlowとかねーもうホント無理... 

PythonとKerasによるディープラーニング

PythonとKerasによるディープラーニング

 

deep learning

結果はこんな感じです。

f:id:hrstmyk811m:20180810143411p:plain

f:id:hrstmyk811m:20180810143416p:plain

validationの値が荒ぶってますね...まだ改良の余地はありそうですが、epoch70あたりから平均して95%くらいだし、データセットも汚いし、練習なのでいいんです。

夏休み中に練習がてらこれをWebアプリにでもして公開しようと思います。9月終わっても公開してなかったらだれか怒ってくれ。

久しぶりの投稿でした。

「ゼロから作るDeep Learning」を読んでその感想

 「ゼロから作るDeep Learning」という技術書を読んだ。

 

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

 

 ニューラルネットの基本のキから始めて、画像認識や音声認識の分野で主に使われるCNN(畳み込みニューラルネットワーク)の仕組みまで解説しながら、Pythonの基本的な機能とライブラリだけで実際に実装してみる、といった内容だ。

僕は技術書はよく立ち読みするのだけれども、通しで読みきったことはほとんどない。買っても本棚の肥やしになることがよくある。この本も例外なく本棚の肥やしになっていたのだけれども、最近になってこの本の第二巻が発売された。

 

ゼロから作るDeep Learning ? ―自然言語処理編

ゼロから作るDeep Learning ? ―自然言語処理編

 

 自然言語処理は前々からやってみたいと思っていたので、第二巻は発売されてすぐに買った。そして読んでみるとさっぱりわからない。前書きを読むとどうやら第一巻の知識を前提としているらしい。そういえば前に第一巻買ったなと思い出し、本棚から引っ張り出して読んでみた、という次第である。

 読み始めるとこれが意外と面白くて、一週間で読みきった。今までディープラーニングの仕組みはぼんやりとしか知らず、前に機械学習の勉強会にいった時も得るものがあまりないまま帰ってきてしまっていたが、この本を読んで初めて本格的な理解ができたと思う。オススメの技術書である。第二巻もこれから読んでみようと思う。